全国各地に伝わる木工、染織など特産工芸品を集めた「日本伝統工芸職人展」が京都市下京区の大丸京都店で開かれている。ロンドン五輪で銀メダルを獲得したサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」ゆかりの高級化粧筆なども展示販売されている。 初出展の10業者を含め全国23都府県から41業者が出店した。 竹田ブラシ製作所(広島県熊野町)の「熊野化粧筆セット」は、なでしこジャパンが昨夏のワールドカップで初優勝した際、国民栄誉賞の記念品に採用された。選手たちに贈られたセット商品(4万2735円)をはじめリスやヤギの毛を使った繊細な化粧ブラシが並べられ、女性客が好みの筆を買い求めていた。 会場では東日本大震災の被災地から「南部鉄器」(岩手県)や「会津総桐たんす」(福島県)などが展示され、地元・京都のトンボ玉や藍染め製品も買い物客らの関心を集めていた。27日まで。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)