なでしこジャパンのFWで、父親が福島県天栄村出身の大野忍選手(28)=神戸=は21日までに、ロンドン五輪の女子サッカーで獲得した銀メダルを持って伯父が住む須賀川市を訪れた。 大野選手は知人の試合応援で新潟県に向かう途中、18日に父母と同市に立ち寄った。「果物が食べたい」という大野選手の希望で、市内森宿の渡辺果樹園を訪れた。大野選手は園主の渡辺喜吉さん(58)の案内を受けながらナシ畑を見学、収穫期を間近に控えたナシに興奮した様子だったという。その場で新品種「あけみず」のわせ種を試食し、「甘くておいしい」と笑みをこぼした。 渡辺さんによると、大野選手は五輪を振り返り、「皆さんの応援のおかげで勝ち進むことができた。私が皆さんにありがとうと言いたい」と感謝していたという。 銀メダルを持たせてもらった渡辺さんは「とても気さくな方だった。忙しいスケジュールの中、福島に早速来てもらい大変光栄だ」と喜んでいた。 大野選手は自身の公式ブログを更新し、「めっちゃおいしかった。もうすぐ、ナシの季節です。みなさんもぜひどうぞ」と本県産果物をアピールしている。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)