ロンドン五輪で銀メダルを獲得したサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」で主力組の沢穂希(33)、大野忍(28)、近賀ゆかり(28)、川澄奈穂美(26)=いずれもINAC神戸=の4選手が21日、神戸市灘区の王子スタジアムであったチーム練習に合流した。 16日に一足早く戻った海堀あゆみ(25)、田中明日菜(24)、高瀬愛実(21)の3選手を含め、銀メダリスト全7選手が五輪後初めてそろった。 7人は練習前、銀メダルを持って記者会見し、そろって五輪の声援への感謝を口にした。沢は20日の東京・銀座でのパレードに「感動して、ちょっとうるっときた」。合流すると、チームメートに拍手で迎えられ、ランニングなど別メニューを淡々とこなした。 INAC神戸は25日、山形県天童市で浦和とのなでしこリーグカップ第5節に臨む。チームで主将を務める大野は「なでしこ以上に神戸で力を発揮したい」と切り替えていた。(大盛周平) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)