サッカーのドイツ1部リーグ、ハノーバーに移籍したロンドン五輪日本代表DF酒井宏樹が五輪で負傷した左足首は、予想以上の重傷でチーム離脱期間が長引く見通しとドイツの大衆紙ビルトが16日付で報じた。復帰までの日数も不明で、五輪後の精密検査で判明したという。  ハノーバーのスロムカ監督は、酒井が負傷を抱えて試合に出たことに「私も驚いているが、五輪での決勝進出や銅メダルのために痛みをこらえてプレーするのは理解できる」と同紙に語った。(ケルン共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)