ロンドン五輪のサッカーで日本初の銀メダルを獲得した女子の日本代表「なでしこジャパン」が11日、成田空港に帰国した。佐々木則夫監督は記者会見で「現地ではそんなに日本の盛り上がりは分からないが、成田に着いてみると雰囲気が分かる。本当にありがたい」と実感を込めて話した。  宮間あや主将は「一生忘れることのできない大会になった」と感傷的な表情で振り返った。注目の大舞台で結束し、力を出し切ったチームはこれで解散。「今もみんなの顔を見るだけで涙が出そうになる」と名残を惜しんだ。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)