「勝たな特売がでけへん。何が何でも勝ってもらわな!」。ロンドン五輪・サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」に7人を送り出すINAC神戸の地元、大安亭市場(神戸市中央区)では7日未明、商店主ら十数人が準決勝をテレビ観戦した。フランスを2‐1で下すと、この日の市場挙げての安売りが決定。「忙しくなるで」と手を取り合って喜んだ。 INAC神戸の沢穂希選手らが買い物に通っていたことで、一躍有名になった同市場。協同組合の事務所に集まった桑山鉄男理事長(69)らは「行け、川澄(奈穂美)さん!」などと顔なじみの選手に声援を送った。 前半32分、フリーキックのこぼれ球を大儀見優季選手がゴールに押し込むと「乾杯や」と事務所は早くも祝勝ムードに。後半の追加点に「やっぱりなでしこは強い」と桑山理事長。「次は沢さんのシュートが見たいわ」と精肉店の前田洋子さん(61)も身を乗り出した。 だが、その後フランスが得点。終盤は一方的に押される展開になり一同は肝を冷やしたが、なでしこは耐え抜いた。 雑貨店の木津祐一さん(43)は「今日はしんどかった。僕ら、応援する側も最後まで気を抜いたらあかんね」と総括。「次は決勝や」と気勢を上げた。(黒川裕生) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)