【マンチェスター(英国)共同】サッカー男子(原則23歳以下)で44年ぶりのベスト4進出を果たした日本は5日、英国のマンチェスターでメダルを懸けた7日(日本時間8日未明)のメキシコとの準決勝に備えて調整し、宇佐美(ホッフェンハイム)ら控え組がシュート練習などで体を動かした。吉田(VVVフェンロ)ら主力の多くは疲労回復のために宿舎のプールで調整した。  この後、チームは準決勝が行われるロンドンへと移動する予定。  日本は4日の準々決勝で永井(名古屋)と大津(ボルシアMG)が、それぞれ今大会2点目のゴールを挙げるなど、エジプトに3―0で快勝。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)