サッカーは男子の準々決勝を行い、日本は3―0でエジプトに快勝し、銅メダルを獲得した1968年メキシコ大会以来、44年ぶりにベスト4入りした。7日(日本時間8日未明)の準決勝では初の決勝進出を懸け、メキシコと対戦する。  日本は前半に永井が先制点を挙げ、後半にも吉田と大津が加点して突き放した。メキシコは延長の末にセネガルを4―2で下した。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)