サッカー女子の準々決勝を行い、昨年のワールドカップ(W杯)で初優勝した日本は2―0でブラジルを下し、2大会連続のベスト4入りを決めた。日本は前半に大儀見が先制し、後半にも大野が加点した。日本は6日(日本時間7日未明)の準決勝で、フランスと対戦する。2大会連続銀メダルのブラジルは、初めて4強入りを逃した。  初出場のフランスは2―1でスウェーデンに逆転勝ちし、3連覇を狙う米国は2―0でニュージーランドを下した。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)