日本サッカー協会は2日、日本で開催されるU―20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)の代表21人を発表し、浦和からGK池田咲紀子、DF坂本理保、和田奈央子、MF藤田のぞみ、柴田華絵、猶本光の6選手が選ばれた。藤田が主将を務める。出場資格があったロンドン五輪代表の岩渕(日テレ)は、五輪に集中するために外れた。吉田監督は東京都内で記者会見し「優勝する力は持っている。相手に合わせず、主導権を握る試合をしたい」と意気込みを語った。 大会は19日に開幕。16チームが4組に分かれて1次リーグを行い、各組2位までが準々決勝に進む。A組の日本は宮城スタジアムで19日にメキシコ、22日にニュージーランドと対戦し、26日に東京・国立競技場でスイスと戦う。 13日にはU―20カナダ代表と国際親善試合を福島市のあづま総合運動公園で実施する。 ■闘争心出し頂点狙う 猶本  今季加入の攻撃的ボランチの猶本光がU―20(20歳以下)日本代表に選ばれた。今大会は日本開催なだけに「たくさんの方に見ていただけて、女子サッカーをもっと知ってもらえる。一戦一戦を大切に戦って優勝につながればいい」と力を込めた。  2010年のU―17(17歳以下)ワールドカップでは決勝でゴールを決めるなど活躍し、日本の準優勝に大きく貢献した。今大会も中盤のかじ取り役として期待され、「攻撃も守備もチームのためにやる。1、2戦目で決勝トーナメント進出を決めたい」と意気込む。 ロンドン五輪では、なでしこジャパンが8強入り。「先輩に続けるよう頑張る。負けず嫌いだと思っているので、そういう気持ちを前面に表したい」。闘争心を出し惜しみせず、頂点に駆け上るつもりだ。 ■開幕待ち遠しい  吉田弘・U―20女子日本代表監督の話 開幕が待ち遠しい。優勝して、皆さんにいい試合をたくさん見てほしい。米国とドイツが強敵だろう。 ■大会無失点で  GK池田咲紀子の話 大会を無失点で終われるよう頑張る。チームの流れが悪いときも後ろからチームを引っ張りたい。 ■全力で戦う  DF和田奈央子の話 周りの支えに感謝しながら全力で戦っていきたい。無失点で終われるように攻撃にも絡みたい。 ■選出されて光栄  DF坂本理保の話 選出されて光栄です。メンバーに選ばれなかった人とも戦っている気持ちで一試合一試合戦う。 ■代表として頑張る  MF柴田華絵の話 日本開催で重圧もあるが、その分も応援してもらえる。浦和の、日本の代表として頑張りたい。 ■選ばれてうれしい  MF藤田のぞみの話 選ばれてすごくうれしかった。選ばれてない選手の思いもしっかり心に刻んで戦いたい。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)