【ニューカッスル(英国)共同】サッカー男子(原則23歳以下)の1次リーグD組初戦でスペインを1―0で破った日本は27日、英国のグラスゴーから第2戦会場のニューカッスルに移動し、練習した。26日の第1戦にフル出場したFW永井やDF吉田らはランニングなど軽めで、控え組はシュート練習など熱のこもった調整だった。  スペイン戦で、ともに左足首を痛めたFW大津とDF酒井宏は宿舎のプールで調整した。  日本は29日(日本時間30日)の第2戦のモロッコ戦に勝てば、3大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)