サッカー男子の1次リーグが始まり、D組では日本がスペインを1―0で破り、勝ち点3で首位に立った。前半に大津が挙げた先制点を守り抜いた。モロッコとホンジュラスは2―2で引き分けた。  日本は29日(日本時間30日)のモロッコとの第2戦に勝てばD組2位以上が確定し、8強入りが決まる。  A組は52年ぶり出場の英国がセネガルと1―1で引き分け、ウルグアイは2―1でアラブ首長国連邦を下した。C組はブラジルがエジプトを3―2、ベラルーシがニュージーランドを1―0で退けた。B組は韓国が0―0でメキシコ、スイスがガボンと1―1で引き分けた。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)