【コベントリー(英国)共同】ロンドン五輪で優勝を目指すサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は22日、1次リーグ初戦のカナダ戦が行われる英国のコベントリーで全員が参加して練習した。冒頭15分のみを公開し、主将の宮間(岡山湯郷)や沢(INAC神戸)らがパス回しなどで体を動かした。 佐々木監督は「大会を前に最後の細かい部分のチェックを集中して行う。セットプレーを含め、初戦に向けてしっかり意識合わせをするつもり」と事前に狙いを説明した。 日本は25日(日本時間26日)のカナダ戦の後、28日にスウェーデン、31日に南アフリカと顔を合わせる。(共同通信)<!--kyodo--> ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)