ロンドン五輪に出場するサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は11日、東京・国立競技場で壮行試合を行い、沢(INAC神戸)の得点などでオーストラリアに3―0で快勝し、本番へ弾みをつけた。  日本は前半に主将の宮間(岡山湯郷)がPKで先制し、ロスタイムにも大儀見(ポツダム)が右クロスを合わせて加点。後半にも沢が右足シュートを左隅に蹴り込んだ。  五輪のサッカーは27日の開幕に先だって始まる。1次リーグF組の女子は25日(日本時間26日)にカナダと対戦する。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)