水槽内のタコが日本のロンドン五輪獲得メダル数を占うイベントが27日、大阪府高槻市の西武高槻店で開かれた。2010年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で有名になったドイツのタコ「パウル君」に倣い、兵庫・明石産のタコなどをPRするのが狙い。  「タコ展長」と名付けられたタコが兵庫県明石市の泉房穂市長の手で水槽に入れられ、占いがスタート。  「タコ展長」は右左に興奮気味に移動し、最後は左エリアに入り、ロンドン五輪でのメダル数は北京五輪の25個と同じ予想となった。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)