サッカー女子のロンドン五輪に向けた強化のため、スウェーデンで開かれる米国、スウェーデンとの3カ国対抗国際招待試合に臨む日本代表「なでしこジャパン」が11日、千葉県内で事前合宿をスタートし、約1時間にわたり体を動かした。  初選出の大滝(リヨン)をはじめ、永里優(ポツダム)ら欧州組6人と主将の宮間(岡山湯郷)、さらに丸山(大阪高槻)ら練習メンバー6人も参加。ミニゲームでは得点が決まるたびに歓声が起こるなど、明るい雰囲気だった。  沢(INAC神戸)ら国内組は12日の練習から合流する。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)