鳥取県南部町鶴田のとっとり花回廊で14日、サマーフェスタが開幕し、「五輪の輪」に見立てたハイビスカスがお目見えした。27日に開幕するロンドン五輪にちなんだ演出で、記念写真の撮影場所になるなど園内の見どころの一つになっている。 夏を象徴するハイビスカスの木を誘導して直径約50センチの輪に仕立てたもので、入り口の広場に位置。近くには五輪マークの五色を表すヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸を代表する花々約50種も展示され、ロンドン五輪を盛り上げている。 家族4人で訪れ、五輪の輪を見物した米子市永江、会社員、柏木直樹さん(31)は「ハイビスカスの花が咲き誇れば、もっと目立つと思う。ロンドン五輪は男子サッカーが楽しみ」と話していた。 サマーフェスタは8月31日まで。期間中は世界のカブトムシやクワガタの展示などもある。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)