日本サッカー協会は2日、ロンドン五輪の男女の日本代表各18人を発表し、女子の「なでしこジャパン」は全員が昨年の女子ワールドカップ(W杯)で初優勝したメンバーとなった。今度は沢(INAC神戸)らが五輪で初の金メダルを狙う。 23歳以下が原則の男子は、永井(名古屋)ら国内組と清武(ニュルンベルク)ら欧州組が入り交じった陣容。3人までのオーバーエージ(OA)枠は8月に24歳になる吉田(VVVフェンロ)と28歳の徳永(FC東京)の2人を使った。アジア予選で主力だった大迫(鹿島)と既にフル代表デビューした宮市(アーセナル)は外れた。男子のアシスタントコーチは、十和田市出身の武藤覚(あきら)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフが務める。 バックアップメンバーは男子がGK林彰洋(清水)DF大岩一貴(千葉)MF米本拓司(FC東京)FW山崎亮平(磐田)、女子がGK山根恵里奈(千葉)DF有吉佐織(日テレ)MF上尾野辺めぐみ(新潟)FW大滝麻未(リヨン)の各4人。バックアップメンバーは代表選手が負傷離脱した場合に入れ替えで登録し、試合に出場できる。 男女とも11日に東京・国立競技場で壮行試合を行い、女子はオーストラリア、男子はニュージーランドと対戦する。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)