ロンドン五輪のフェンシング男子フルーレ団体で銀メダルを獲得した千田健太、淡路卓と女子フルーレの西岡詩穂が15日、所属先のネクサス(群馬県高崎市)へ五輪の報告に訪れ、拍手で出迎えた約230人の社員に千田は「皆さんの支えが大きな原動力となりました」と感謝した。  千田と淡路は銀メダルを首に掛けて登場。3人は緊張した面持ちだったが、壇上で花束を受け取ると笑みがこぼれた。  千田は出身地の宮城県気仙沼市で行われた凱旋パレードを振り返り「自分のことのように喜んでいただき、これだけの応援があったから銀メダルを取れたと実感できた」と語った。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)