ロンドン五輪フェンシング男子フルーレ団体で、銀メダルを獲得した宮城県気仙沼市出身の千田健太選手(27)=ネクサス、宮城・気仙沼高-中央大出=が12日、太田雄貴選手(26)=森永製菓=ら団体メンバーとともに「気仙沼みなとまつり」のパレードに特別参加する。 市によると、仙台市出身の淡路卓選手(23)=ネクサス=、三宅諒選手(21)=慶大=も参加。気仙沼市出身で女子フルーレ個人で7位入賞した菅原智恵子選手(35)=宮城ク=も古里に凱旋(がいせん)する。 2年ぶりに復活する「気仙沼みなとまつり」に併せ、同市の菅原茂市長が「地元選手の健闘を大勢の市民とともに喜びたい」と千田選手側に伝えたところ、チームメートの太田選手らも「ぜひ一緒に気仙沼に行きたい」と同行が決まった。 選手らは12日午後2時すぎ、まつりのオープニングセレモニー会場で行われる「オリンピック報告会」に出席。パレードは午後3時から田中前大通りであり、選手たちを乗せたオープンカーを先頭に太鼓や踊り、バンドグループなどが練り歩く。千田、菅原両選手は11日夕に列車で気仙沼入りする。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)