【ロンドン共同】フェンシングの男子フルーレ団体で初の表彰台となる銀メダルを獲得した太田雄貴ら日本のメンバー4人が6日、ロンドン市内のジャパンハウスで記者会見し、太田は「この4人で組めて幸せだと思ったし、誇りに思う」と喜びを語った。  太田とともにチームを引っ張った千田健太は「支えてくれた人の気持ちが乗った本当に重いメダル」と感謝の思いを口にし、満を持して決勝に登場した淡路卓は「朝起きたときに手元にメダルがあって、うれしかった」と笑顔を見せた。最年少の21歳、三宅諒は「初出場でメダルを取れたのは励みになるし、将来につながる」と話した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)