柔道は女子63キロ級の上野順恵(三井住友海上)に金メダルが期待される。世界選手権は09、10年と連覇し、現在の世界ランクは1位。アテネ、北京と70キロ級を連覇した姉雅恵さんに続けるか。  フェンシング男子フルーレ個人は北京五輪銀メダルの太田雄貴(森永製菓)が、4年前の決勝で敗れた強豪と初戦で顔を合わせる。競泳は100メートル平泳ぎで5位に終わった北島康介(日本コカ・コーラ)が200メートルの予選に登場する。  体操は女子団体総合の決勝に予選6位の日本が出場。個人総合で予選8位につけた16歳の寺本明日香(レジックスポーツ)や、田中理恵(日体大研究員)らが、持ち点なしの決勝でどこまで順位を上げられるか。  サッカー女子は既に8強進出を決めた「なでしこジャパン」が、1位通過を懸けて南アフリカ戦。1次リーグA組で黒星スタートのホッケー女子は強豪のオランダに挑む。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)