ロンドン五輪のフェンシング男子フルーレ代表、太田雄貴(森永製菓)が17日、東京都内で開かれた所属先の壮行会に出席し、個人と団体の2種目で「金メダルを目指す。好結果を出し、会社で盛大にお祝いしてほしい」と決意表明した。  4年前の北京五輪でフルーレ個人銀メダルに輝いた太田は「無職だった当時は“ニート剣士”とか言われ、1人で戦っていた。今回は社員の自覚を持って戦える」と意欲を強調。「前回とは立場も変わったし、初出場の若手を引っ張っていきたい」と意気込んだ。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)