▽大岩義明 自信につながった。今後は未定だが、選手を続けるなら今回うまくいった部分と悪かった部分をしっかり踏まえたい。  ▽佐藤賢希 僧侶で五輪ライダーというのが目標だったので、一応達成することができた。いろいろなことを学ぶことができた。今回の経験を僧侶としてや、これからの人生に生かしたい。  ▽根岸淳 完走できて良かった。これまでにない経験をすることができた。  ▽弓良隆行 結果は結果として受け止めている。このレベルで戦っていく手応えも感じた。  ▽田中利幸 昨年の秋に五輪を目指して英国に拠点を移した。ここで得たことを、クラブの会員やジュニア世代に伝えていきたい。  ▽法華津寛 馬の状態は良かったが、演技中にミスがあって残念だった。今後の私自身の競技生活は未定だが、欧州を拠点にする選手が出ることを期待している。  ▽杉谷泰造 入賞を目指していたので非常に悔しい。まだ学ぶことがたくさんあると実感している。  ▽武田麗子 コースや世界のトップレベルの走行を見て、そこまで到達するのは本当に大変なことだと実感した。世界の壁の厚さを感じた大会だった。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)