【ロンドン共同】ロンドン五輪に71歳で出場した馬術の法華津寛選手(アバロン・ヒルサイドファーム)とホッケー女子の加藤明美選手(HANNO)がギネス世界記録に認定されたことが10日、分かった。法華津選手は初出場した1964年東京五輪からロンドン五輪までの期間が史上最長となり、41歳の加藤選手はホッケー女子で五輪史上最年長出場の記録が認められた。  加藤選手は11日にロンドン市内で開かれる認定式で「ギネスブック」を出版するギネス・ワールド・レコーズ社から認定書を受け取る。法華津選手は既にロンドンを離れているため出席しない。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)