ロンドン五輪の総合馬術に29日、エリザベス英女王の孫娘ザラ・フィリップスが出場し、念願の「五輪デビュー」を飾った。  スタンドからは祖父のフィリップ殿下と、自身も馬術で五輪に出場した経験を持つ母のアン王女が見守った。親子2代での五輪出場を果たし、「こんな大舞台に参加できて幸せ。チームのためにベストを尽くしたい」と語った。フィリップスは2008年の北京五輪も出場予定だったが、愛馬の負傷のため参加できなかった。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)