自転車マウンテンバイクのロンドン五輪代表選考会を兼ねたインターナショナル・クロスカントリーは27日、愛媛県の八幡浜市民スポーツパークで行われ、男子は個人ランキングで代表入りが確実な山本幸平が圧勝し、2大会連続の出場を決定的にした。山本は五輪へ「順位は1桁を狙える位置にいると思う」と意欲を示した。日本自転車競技連盟は選考委員会の結果を来月4日に発表する。  山本は2週目に落車のトラブルがあったが、3週目からは後続を大きくリード。2位の兄・山本和弘に3分以上の差をつけた。  女子クロスカントリーは北京五輪代表の片山梨絵が制した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)