岡山湯郷ベルから女子サッカー日本代表・なでしこジャパンに参加し、ロンドン五輪で銀メダルを獲得した福元美穂、宮間あや両選手への県民栄誉賞、県スポーツ特別顕彰の授与式が13日、県庁であった。 県民や職員約600人が出迎える中、銀メダルを首に掛けた両選手が到着。授与式で石井正弘知事は「チーム一丸となった素晴らしい戦いぶりだった」とたたえ、栄誉賞の賞状や記念品の備前焼などを贈った。 福元選手は「目標の金メダルには届かなかったが、メダルを持ち帰ることができた。今後も日々成長できるよう頑張りたい」、宮間選手は「引き続き湯郷ベルで活躍し、県民に勇気と希望、感動を与えたい」と述べた。 両選手の県民栄誉賞受賞は昨年のワールドカップ優勝後に続き2回目、スポーツ特別顕彰は3回目。両選手はこの日、岡山湯郷ベルが地元とする美作市役所も訪ね、快挙を報告した。 県は両選手のほか、ロンドン五輪で銅メダルを獲得したボクシングの清水聡、バレーボールの山口舞、荒木絵里香の3選手にも県民栄誉賞とスポーツ特別顕彰を贈ることを決めている。県庁舎にはこの日、5人をたたえる懸垂幕が掲げられた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)