ロンドン・パラリンピック(29日~9月9日)に出場する本県選手らの壮行会が7日、福島市で開かれ、関係者がエールを送った。  本県からは、車いすバスケットボールに佐藤聡(ダイユーエイト、郡山市出身)と豊島英(宮城県警、いわき市出身)、柔道52キロ級に半谷静香(小川道場、いわき市出身)の3選手が出場。カーリングに似た競技「ボッチャ」のコーチに村上光輝さん(県立石川養護学校)、車いすバスケットボールの審判員に菅野英輔さん(いわきサン・アビリティーズ)が選ばれている。  壮行会では、若松伸司県障がい者スポーツ指導者協議会長、佐藤雄平知事が「最高の成績を収め、県民の底力を見せてほしい」と激励。4団体が激励金を交付した。出席した佐藤選手は「ベスト4を目指す」、豊島選手は「ロンドン五輪での日本代表の活躍は刺激になる。負けないように頑張る」と抱負を語った。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)