【ラスベガス(米ネバダ州)共同】米プロバスケットボール、NBAのスター選手をそろえ、ロンドン五輪の男子で2連覇を狙う米国が12日、ネバダ州ラスベガスで初の練習試合を行い、両チーム最多の24得点をマークしたデュラント(サンダー)の活躍で五輪出場を逃したドミニカ共和国を113―59と圧倒した。  NBAで3季連続の得点王に輝くデュラントは、途中出場ながら6本放った3点シュートのうち5本を決め、自慢のシュート力を見せつけた。チームのエースとして期待される23歳の点取り屋は「ベンチからの出場は初めてだったが、貢献できるなら何でもやる」と事もなげに言った。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)