【アンカラ共同】バスケットボール女子のロンドン五輪世界最終予選第4日は29日、トルコのアンカラで五輪出場決定戦4試合を行い、世界ランキング15位の日本は同4位の強豪チェコに47―53で敗れて五輪出場を決められず、負けた4チームで最後の1枠を争う敗者復活トーナメントに回った。日本は30日にフランス―韓国の敗者と対戦する。  2大会ぶりの五輪出場を目指す日本は立ち上がりから相手の高さに苦しみ、得点が伸びなかった。第4クオーターに田中(JX)の連続3点シュートなどで3点差まで追い上げたが、その後はリバウンドが取れず突き放された。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)