滋賀県は17日、ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスで銀メダルに輝いた大津市出身の垣岩令佳選手(23)=ルネサス=に県民スポーツ賞の栄誉賞を贈った。垣岩選手は「滋賀県や現地で応援してくれた人たちのおかげでとれた銀メダル。受賞は光栄です」と喜びを語った。 県が栄誉賞を授与した五輪選手は3人目で、大津市の県庁で表彰式を開いた。嘉田由紀子知事は「日本バドミントン史上初の快挙。県内の子どもたちも夢と希望と感動を持って(垣岩選手を)追いかけてくれると思う」とあいさつし、表彰状と信楽焼のトロフィーを手渡した。 垣岩選手はメダルを嘉田知事の首にかけ、笑顔で記念撮影に応じた。試合中の心境を聞かれ「全試合を通して自分たちらしく楽しむことができた」と振り返った。 大津市の越直美市長も同日、垣岩選手に市体育特別賞を贈呈した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)