バドミントン女子ダブルス決勝で藤井瑞希、垣岩令佳組は世界ランキング2位の田卿、趙ウン蕾組(中国)に0―2(10―21、23―25)で敗れ、銀メダルだった。中国勢はこの種目で5連覇を果たし、趙ウン蕾は混合ダブルスと合わせて2冠を達成した。  3位決定戦はソロキナ、ビスロワ組(ロシア)がブルース、リ組(カナダ)を下した。  女子シングルス決勝は全英オープン覇者の李雪ゼイ(中国)が世界ランキング1位の王儀涵(中国)を2―1(21―15、21―23、21―17)で破り、初の金メダルを獲得。3位のネワルはインド勢初のメダル獲得となった。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)