【ロンドンAP=共同】世界バドミントン連盟は1日、ロンドン五輪女子ダブルス1次リーグで中国、韓国、インドネシアの計4ペアが、準々決勝以降の組み合わせを考えて故意に負けようとした疑いがあり、事情を聴取すると明らかにした。  問題が起こったのは7月31日。まず世界女王の中国ペアが韓国ペアとの試合で勝利を放棄したようにプレー。韓国ペアも同様に対抗し、中国ペアが敗れた。続く別の韓国ペアとインドネシアのペアによる試合も互いに安易な失点を繰り返した。準々決勝の組み合わせは1次リーグの順位で決まり、4ペアは既に8強入りが確定していた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)