バドミントンは各種目の1次リーグを行い、混合ダブルスB組の池田信太郎、潮田玲子組はフィッシャー、ペデルセン組(デンマーク)に0―2で敗れ、通算1勝2敗で各組2位までの8強入りはならなかった。  女子ダブルスD組で北京五輪4位の末綱聡子、前田美順組は3位に終わり、各組2位までの準々決勝進出はならなかった。最終戦で香港ペアを下し通算2勝1敗だが得失ゲーム差で及ばなかった。B組の藤井瑞希、垣岩令佳組は台湾ペアに敗れたが、通算2勝1敗で2位が確定し、8強入りを果たした。  女子シングルスの佐藤冴香が英国選手に2―1で勝ち、ベスト16入りを果たした。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)