蒲島郁夫知事は16日、ロンドン五輪バドミントン女子ダブルス銀メダルの藤井瑞希(24)、垣岩令佳(23)両選手に県民栄誉賞を贈ることを明らかにした。贈呈式は24日、県庁で行われる。 両選手は「フジカキ」の愛称で知られ、熊本市のルネサスセミコンダクタ九州・山口に所属。青森山田高時代からペアを組み、初出場したロンドン五輪ではバドミントンで日本初となるメダルを獲得した。藤井選手は芦北町、垣岩選手は滋賀県の出身。 蒲島知事は16日の記者会見で「日本中に感動と勇気を与えてくれた。この活躍はまさに県民に夢を与え、誇りとなる」と理由を説明した。 県民栄誉賞は、これまで山下泰裕(柔道)、蟻田功(医学)、末續慎吾(陸上)、チャーリー永谷(カントリーミュージック)、不動裕理(ゴルフ)の5氏が受賞している。(福山聡一郎) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)