陸上女子は200メートル予選で福島千里が24秒14の3組7着に終わり、準決勝に進めなかった。400メートル障害準決勝で久保倉里美は56秒25の3組8着にとどまり、決勝進出はならなかった。  棒高跳びは3連覇を狙った世界記録保持者のイシンバエワ(ロシア)が4メートル70で3位に終わり、サー(米国)が4メートル75で優勝した。  男子は400メートル障害のサンチェス(ドミニカ共和国)が47秒63で2大会ぶりの金メダル。400メートルはジェームズ(グレナダ)が43秒94の好記録で制した。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)