【ロンドン共同】五輪3連覇を狙うレスリング女子63キロ級の伊調馨が3日、ヒースロー空港に到着し「早く選手村に行って慣れたい。気持ちの面でも盛り上がっていて練習にも身が入っている。自分らしく楽しくやりたい」と笑顔で意気込みを述べた。  同便で到着した48キロ級の小原日登美も「これまでの人生の集大成として、恩返しができる試合をしたい。みんなで金メダルを取りたい」と意欲的だった。  別便で日本選手団主将を務める陸上男子やり投げの村上幸史と女子やり投げの海老原有希もロンドン入りした。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)