【ロンドン共同】陸上男子ハンマー投げのイワン・チホン選手(36)=ベラルーシ=が2004年アテネ五輪の際に採取された検体の再検査で禁止薬物に陽性反応を示した。国際陸連関係者によると、このために3日のロンドン五輪の予選に出場しなかった。AP通信が報じた。  チホン選手はアテネ五輪で銀メダルを獲得。関係者によると、国際陸連が実施した05年の検体の再検査でも陽性反応が出た。08年北京五輪では3位。今季は五輪エントリー選手トップの82メートル81を投げ、室伏広治選手(37)とメダル争いを展開するとみられていた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)