【ロンドン共同】27日の五輪開幕を前に、ロンドンの観光名所マダム・タッソーろう人形館で23日、陸上男子短距離ジャマイカ代表で世界記録の更新が注目されるウサイン・ボルト選手(25)のろう人形が登場した。  ろう人形はユニホーム姿で、空に向かって弓矢を射るボルト選手得意のポーズ。この日は一般公開前にジャマイカ人のファンら約20人が招待され、人形と一緒にポーズを取って、ボルト選手と一緒にいる気分を楽しんだ。人形は約15万ポンド(約1815万円)かけて4カ月間で制作された。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)