ロンドン五輪陸上男子やり投げ代表のディーン元気(20)=早大=が22日、東京・代々木公園陸上競技場で行われたトワイライト・ゲームズに出場し、78m72の大会新記録で優勝した。小雨の肌寒い天候で、五輪前最後の試合で技術面を確認し「ロンドンも寒いようなので、いい予行演習になった」と笑顔で収穫を強調した。  英国人の父を持つディーンは今季の急成長で一躍脚光を浴び「五輪は未知な世界だが、ロンドンは自分にとって特別な舞台」と言う。この日は「下半身に疲労がたまった状態」と低調な記録に苦笑いし、8月8日の予選に備えて仕上がりを問われると「まだ三割から四割」と説明した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)