【エームズベリー(英国)共同】ロンドン五輪の聖火リレーが12日の未明から早朝にかけて英国南西部の巨石遺跡群ストーンヘンジを舞台に行われ、陸上男子の五輪金メダリストで400メートルの世界記録保持者、マイケル・ジョンソンさん(44)=米国=が聖火を運んだ。  神秘的な巨石遺跡群が日の出とともに赤く染まる荘厳な雰囲気の中で走ったジョンソンさんは「とてもファンタスティック」と感激した様子だった。  聖火は20日にロンドン入りし、27日の開会式で五輪スタジアムの聖火台に点火される。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)