【キングストン共同】ロンドン五輪代表選考会を兼ねた陸上のジャマイカ選手権は1日、キングストンで行われ、男子200メートル決勝は世界記録保持者のウサイン・ボルトが19秒83で2位に終わり、100メートルに続いて敗れた。22歳のヨハン・ブレークが今季世界最高の19秒80で優勝し、100メートルとの2冠を達成した。  ボルトが主要大会の200メートルで負けるのは2007年9月以来約5年ぶり。3位のウォーレン・ウィアまでが五輪代表に決まった。  女子200メートルは100メートルを制したシェリーアン・フレーザープライスが22秒10で優勝した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)