27日に開幕するロンドン五輪を前に、青森県教委は9日、県庁正面玄関脇に、レスリング女子48キロ級の小原日登美選手(工大一高出、自衛隊)や同63キロ級の伊調馨選手(長者中出、ALSOK)、陸上400メートル障害の岸本鷹幸選手(大湊高—法大)ら、県勢7人の健闘を祈念する横断幕を設置した。 横断幕は縦1・5メートル、横12メートル。「祝 ロンドンオリンピック出場! 青森から世界へ!」と県勢へのエールが書かれており、各選手の活躍を期待する思いが込められている。8月13日まで掲げる予定。(松倉宏樹)【写真説明】ロンドン五輪に出場する青森県勢の健闘を祈る横断幕=9日、青森県庁※詳しくは本紙紙面をご覧ください。有料携帯サイトにも掲載しています。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)