27日に開幕するロンドン五輪を前に、県教委は9日午前、県庁正面に県勢選手を応援する横断幕を掲げた。 大きさは縦1.5メートル、横12メートル。レスリングで金メダルが期待される伊調馨(八戸市出身)、小原日登美(同)、陸上の岸本鷹幸(むつ市出身)、福士加代子(板柳町出身)、アーチェリーの古川高晴(青森市出身)、卓球の丹羽孝希(北海道苫小牧市出身、青森山田高3年)、本県に本籍を置く福原愛(青森山田高出)といった出場選手の名前と、「祝ロンドンオリンピック出場! 青森から世界へ!」という激励メッセージが記されてある。 県教委は出場者がメダルを獲得した場合、新たに横断幕を掲げる予定。同スポーツ健康課の花田慎課長は「出場する選手たちは、大舞台で十分力を出してほしい」と期待を寄せた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)