ロンドン五輪体操男子個人総合で金メダルを獲得した内村航平選手(23)=コナミ=ら体操男子代表が10日、帰国して東京都内のホテルで記者会見し、内村選手は「前回の北京はすごく楽しい五輪だったが、今回は正反対で、すごく苦しい五輪だった」と振り返った。  内村選手は世界選手権の個人総合で3連覇した体操ニッポンのエースとして臨み、個人総合で日本選手としては28年ぶりの金メダル、団体総合と種目別床運動で銀メダルを獲得。最大の目標に掲げた団体総合で金メダルに届かず「団体総合の金メダルを目指してきたが、気持ちばかり前にいって、体がついてこなかった」と反省の言葉が続いた。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)