【ロンドン共同】ロンドン五輪第12日の7日、卓球女子団体の日本は決勝に挑み、強豪中国に0-3で敗れたが銀メダルを獲得した。卓球日本勢初のメダルとなった。  サッカー男子は、日本が準決勝でメキシコと対戦。前半、先制したが追いつかれ1-1。  バレーボール女子の日本は準々決勝で中国を3―2で破り、ソウル大会以来24年ぶりの4強入りを果たした。  最終日を迎えた体操種目別決勝の男子平行棒で、田中和仁は4位、弟の佑典は8位に終わった。  シンクロナイズドスイミングのデュエットの乾友紀子、小林千紗組は5位となり、同種目で日本は初めてメダルを逃した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)