体操は8人で争う男女の種目別決勝を行い、女子の段違い平行棒で、2009年世界選手権でこの種目2位の鶴見虹子は、14・966点で7位だった。個人総合銅メダルのムスタフィナ(ロシア)が16・133点で金メダルに輝いた。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)