24人で争う体操の女子個人総合決勝は、予選8位で16歳の寺本明日香が全4種目をほぼミスのない演技でまとめ、合計57・332点で11位となった。田中理恵は床運動、跳馬で着地が乱れ、55・632点で16位だった。  ダグラス(米国)が62・232点で団体総合との2冠を達成し、予選1位のコモワ(ロシア)が61・973点で2位だった。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)