1日深夜から2日未明にかけて、内村航平選手が金メダルを獲得したロンドン五輪・体操男子個人総合などを生中継した日本テレビ系番組の平均視聴率は、関東地区で10・7%、関西地区は9・5%だったことが2日、ビデオリサーチの調査で分かった。  また、西山将士選手が銅メダルを獲得した柔道男子90キロ級などを生中継したNHK総合の番組(1日夜)の平均視聴率は関東地区で11・6%、関西地区で10・0%だった。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)